特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> 特別養護老人ホームの医師 >> 特別養護老人ホームの医師に求められるもの

特別養護老人ホームの医師に求められるもの

特別養護老人ホームの医師に求められる資質は、いくつかあると言われています。第一に、マネジメント能力です。特別養護老人ホームでの仕事は、他の医療現場ではなかなか見られないほど、多様な職種とチームを組みます。医療職だけではなく、福祉・心理職と連携を取らないといけません。

「ともかく私の指示に従って下さい」というトップダウン形式の指示だと、医療・福祉スタッフは納得しないこともあります。特に、福祉職は直接利用者と接している時間が長いので、アセスメント出来ている項目も多いからです。ボトムアップ型のマネジメントを心がけ、スタッフの意見に耳を傾けるようにしましょう。

第二に、コミュニケーション・スキルが求められます。特別養護老人ホームに入所している利用者は、にこやかに笑っていたり、反応が薄いように見えたりしていても、それぞれの苦しみや葛藤を抱えています。あまり表面に出さない人が多いのですが、「自分の人生はこのまま、終わってしまうの?」「死んだら、どうなるのだろうか?」と人生の根源に関わる悩み事を少なからず、誰しも抱えています。

認知症患者であっても、嬉しい・悲しい・辛いという感情は、きちんと存在しているのです。一説には、「辛い」「悲しい」という感情を表出するために、徘徊などの「問題行動」を取ると言われています。認知症や高齢者特有の精神疾患の知識だけではなく、高齢者の心情に察する類推力や想像力が必要です。

そのため、特別養護老人ホームの医師は、ある程度、人生経験豊かな医師が向いていると言われています。患者を目の前にした時に、自分の両親と重なるような年代の医師だと、高齢者の心情に共感しやすいでしょう。

第三に、「年齢も年齢だし、回復しないのは仕方ない」という姿勢ではなく、少しでも特別養護老人ホームで快適に過ごしてもらうことを治療目標にして下さい。特別養護老人ホームの入所している高齢者はただでさえ、「もうこれ以上、回復しない」「悪くなるばかりだ」と自分の未来に関して、ネガティブなイメージを抱いています。

医師まで「ご高齢だから仕方ないか」という治療姿勢だと、医療・福祉チームの士気にも関わります。特に、リハビリテーションに関わる専門職は、少しでも身体的機能を回復してもらうべく、仕事をしています。若い患者のように劇的な回復とまではいかなくても、現状を維持できるような医療を提供するように心がけましょう。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.