特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> 特別養護老人ホームの医師 >> 特別養護老人ホームの施設長の求人

特別養護老人ホームの施設長の求人

特別養護老人ホームの施設長に必要な資格要件は、社会福祉主事の有資格者、社会福祉事業に2年従事していること、社会福祉施設長の講習会に合格した人です。社会福祉主事、社会福祉施設の講習会は、通信教育等で簡単に取得することができます。特別養護老人ホームの施設長になろうと思う人なら、2年の事業経験があることがほとんどでしょう。

特別養護老人ホームの施設長の求人は、転職エージェントを使って探すと良いでしょう。求人の絶対数は多くはありませんが、探せば確実にあります。なお、特別養護老人ホームの施設長の給与ですが、一般的に思われているより低いでしょう。

「特別養護老人ホームの施設長ともなれば、小さな会社の社長ぐらいは貰える?」と思っている人が多いのですが、普通のサラリーマン並だと思って下さい。月収にして、30万円前後であることがほとんどです。また、特別養護老人ホームの施設長「候補」となると、20万円前後になってくるでしょう。

特別養護老人ホームの施設長は、業務量が多く、責任が重い仕事であるにも関わらず、給与が安いと言われています。企業で実務経験を積んだ人や、長年福祉事業に従事してきたベテランであっても、心身ともに疲弊すると言われています。

施設のリーダーとしての実務経験に加えて、「高齢者のために何か役に立ちたい」という強い使命感が必要になってきます。資格要件は「社会福祉事業に従事してきた経験2年」ですが、できれば20〜30年と社会福祉事業に携わってきた情熱ある人物であることが望ましいでしょう。

特別養護老人ホームの施設長は、法律を遵守する清廉な人物であることも求められます。施設長が不正や横領に関わっている場合、第三者機関の監査で明らかになることがほとんどです。施設長が犯罪や不正に関わった場合、職員、利用者、利用者の家族にまで被害が及びます。

特別養護老人ホームの施設長は、名誉職でもなければ、高年収の職業でもありません。とはいえ、マネジメント能力、福祉施設経営の知識、責任と人格高潔であることが求められる難しい職種です。いずれ、福祉施設長としてチャレンジしてみたいと思う人は、若いうちから、いろいろな経験を積んでおくと良いでしょう。

特別養護老人ホームの施設長になるには、実績のある人なら、転職エージェントで施設長求人を探すと良いでしょう。まだ、客観的に見て、実績が不十分な人は「施設長候補」「幹部生候補」として、実績を積んでいって下さい。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.