特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> FAQ >> 特別養護老人ホームと介護老人福祉施設の違いは?

特別養護老人ホームと介護老人福祉施設の違いは?

病気や障害によって介護が必要になった人達が、介護老人福祉施設を利用することになります。「介護老人福祉施設」というと、入所型の施設を想像する人も多いのですが、そうではありません。

介護老人福祉施設には「デイサービス」などの日中の通い型サービス、「ショートステイ」などの30日以下の短期入所型の施設、そして、「特別養護老人ホーム」「グループホーム」などの入所型の施設があります。つまり、デイサービスやショートステイ、特別養護老人ホームの総称が、介護老人福祉施設なのです。

また、特別養護老人ホームは、有料老人ホームと混同されることがよくあります。しかし、特別養護老人ホームはあくまで法に基づく公立の施設です。有料老人ホームは私立なので分譲マンション程度の費用がかかるのに対し、特別養護老人ホームは介護保険法制度に基づいて利用料が算定されます。

介護保険法制度の場合、特別養護老人ホームは本人の所得によって決定されるため、収入を得る手段が年金しかない高齢者の場合、利用料が減免されます。家族にかかる金銭的な負担も少ないので、新聞等で取り上げられるような「1施設あたり何百人という入所待ち」という事態が生じるのです。

家族にかかる金銭的な負担が少ない反面、特別養護老人ホームは「住居」「終の棲家」として利用できる訳ではないというデメリットがあります。例えば、病状が悪化し、専門的な治療が必要になり、入院したとしましょう。その入院期間が3ヶ月を超えた場合は、入所権がなくなってしまうのです。長期入院後も、優先的に再入所を受け入れる施設が増えているとはいえ、不自由な身体であちこちを転々とするお年寄りがいるのも事実です。

免疫力や抵抗力の衰えているお年寄りにとって、暮らしている環境をあちこちと変えるのは酷です。また、重度の認知症患者の場合、新しい環境への適応力が乏しいこともあります。住み慣れた我が家に戻ろうとしても、ハード面が整っていなかったり、在宅介護を続けてきた家族が心身ともに限界になっていたりすることも多々あります。

特別養護老人ホームは、病気や障害で介護を必要とするお年寄りの最後の受け皿でもあります。特別養護老人ホームに勤める医師や看護師は、病状を悪化させずに、長く特別養護老人ホームにいてもらうことを目標に医療を提供することになります。

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.