特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> 特別養護老人ホームの看護師 >> 特別養護老人ホームの看護師の特徴

特別養護老人ホームの看護師の特徴

特別養護老人ホームの看護師は、高齢者相手の仕事です。患者の家族対応をすることもあるでしょうが、ほとんどは高齢者を対象とした看護です。介護を必要としている高齢者が多いので、時には「入浴介助」「排泄介助」等も必要になってきます。「下の世話はやっぱり抵抗がある…。」「排泄介助は、看護師の仕事じゃないよね?」と思っている人は、特別養護老人ホームの看護師には向いていないかもしれません。

特別養護老人ホームは、どこも慢性的な人手不足に悩まされています。介護職もギリギリで回していることが多いので、時には看護師が看護職のサポートをしなくてはならない時もあります。一般の病床でも高齢者の介助をすることがあると思いますが、特別養護老人ホームではその頻度が高まります。

特別養護老人ホームは「ブランク明けの看護師に向いている」と言われますが、家族の介護で職を休んでいた人にぴったりです。家族の介護に関わった経験は、特別養護老人ホームの看護師業務にも活きてきます。また、意外かもしれませんが、他の病棟勤務と比較して、精神疾患の看護技術や知識が求められるでしょう。そもそも、認知症は精神科領域の疾患だからです。認知症に伴う問題行動についても、よく学んでおきましょう。

特別養護老人ホームの看護師は、介護保険制度や社会保障に関する知識も必須です。特別養護老人ホームは介護保険法によって定められている施設ですので、きちんと勉強しておくことをお薦めします。患者の家族の相談に乗る時に、制度の知識があると、スムーズに答えることができます。

特別養護老人ホームの看護の醍醐味は、患者さんの人生に触れることが出来ることです。長く生きてきたことで培われた患者さんの価値観にハッとさせられることも多いものです。さらに、ターミナルケアに力を入れている特別養護老人ホームでは、看取りをさせてもらえることもあります。患者さんの死に立ち会うのは辛いことですが、人生の最期に関われたことは看護師としての誇りになったと語る人もいます。

特別養護老人ホームのメンバーは、大きく変わることはありません。入れ替わりの激しい急性期病棟の看護師と比較すると、患者さんと長く関わることができるのも、特別養護老人ホームで働くメリットです。特別養護老人ホームでの勤務は、人と話すのが好きで、コミュニケーションを取りながら看護していくことに慣れている看護師に向いているでしょう。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.