特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> 特別養護老人ホームの看護師 >> 特別養護老人ホームの看護師の仕事内容・役割

特別養護老人ホームの看護師の仕事内容・役割

特別養護老人ホームの看護師の主な仕事内容は、入所者の健康管理、服薬管理等です。通院やレクリエーション時の介助、関係機関との連絡調整も、業務の範囲にあたります。胃ろう、ストーマ、インシュリン投与等の医療行為は、求められる場合とそうでない場合があるでしょう。

子育て明け等でブランクが長い看護師は、医療行為が無い特別養護老人ホームを選ぶことが多いようです。入所者の健康管理、服薬管理が主な業務だと日勤なので、家庭と仕事を両立しやすいからです。逆に、終末期ケアや高齢者の看護に携わりたい看護師は、医療行為がある求人を選ぶ傾向があるようです。

多くの看護師は、転職活動時に「転職エージェント」を活用するでしょう。転職エージェントとは、ナースフル・マイナビ看護師等の、看護師専門の転職支援会社のことです。転職エージェントのスタッフに、自分自身が特別養護老人ホームで、どのような看護をしていきたいかというビジョンを伝えるようにして下さい。上記のように医療行為の希望は出しておいて下さい。

特別養護老人ホームは、健康管理が基本ですので、ブランク明けの看護師に人気があります。「業務が楽」と誤解されがちですが、基本的な疾病や障害の理解は必須です。高齢者の看護経験が浅い人は、もう一度、勉強し直してみると良いでしょう。ブランク前に、一定期間の実務経験がある人は、ケアマネージャーの資格取得を目指すと自然に知識が付いてくるでしょう。

認知症の患者さんが多いので、温かい声掛けも大切な看護師の役割です。右から左へバイタルチェックするのではなく、軽く雑談しながら、健康管理をするようにして下さい。看護する側からすれば、ちょっとしたおしゃべりであっても、刺激の少ない環境に置かれている高齢者にとっては、精神的な支えになることでしょう。

コミュニケーションに自信がない人は、看護師用の研修・講習に参加してもいいと思います。終末期ケアや認知症患者とのコミュニケーションに関する研修が良いと思います。特別養護老人ホームの看護師には、高齢患者とのコミュニケーション・スキルが必須だからです。

特別養護老人ホームの看護師にとって大切な役割は、多職種と連携する力です。医師との連携に慣れている看護師は多いのですが、リハビリに関する専門職、福祉職との連携は初めての経験かもしれません。特別養護老人ホームでの看護業務を通して、医療・福祉チーム内で役割を果たす働き方を見つけていきましょう。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.