特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> リハ系専門職・福祉系専門職・その他の職種 >> 作業療法士(OT)

作業療法士(OT)

作業療法士は、特別養護老人ホームで、日常生活動作に関する訓練、レクリエーション、遊びや手工芸等を担当します。時には、介護職員と一緒に仕事をすることが多いので、患者や家族からは役割や仕事内容がわかりにくいようです。コメディカルスタッフでありながら、「介護職との違いは?」「理学療法士ではないの?」と、一般的に知名度がまだまだ低い専門職です。様々な専門職と混同され、複雑な気持ちはあるかもしれません。

最初に「どのように患者をサポートしていくのか?」ということを、わかりやすい言葉で説明すると良いでしょう。「私は○○さんが、特別養護老人ホームで暮らしやすいように支えていく仕事ですよ」「主に手工芸の場で、お会いすることになります」と、仕事内容や実際によく出会う場面を説明しておくといいと思います。

特別養護老人ホームに勤務していると、認知症や反応の薄い患者さんも多いと思いますが、意外と「この人は好き」「あの人は嫌」という感情そのものは残りやすいです。どの患者さんにも公平で丁寧な対応を心がけましょう。特別養護老人ホームで、作業療法士として勤務するなら、医師・看護師、介護職、理学療法士等と適切な連携を取っていくことに努めて下さい。

特別養護老人ホームは、様々な職種が集う場でもあります。自分対患者ではなく、医療・介護チーム対患者なのだということを認識しておきましょう。患者に関する記録は、どの専門職が読んでもわかりやすいように書くようにして下さい。

特別養護老人ホームには、加齢や疾患で身体が動きにくい患者が集まっています。身体が動かなくなり、日常生活動作がしにくいことでストレスを抱えている人が多いでしょう。人生のラストステージを気持ちよく過ごしてもらうために、専門職の見地から、出来る限りのサポートをしていきましょう。

介護職や心理職ではないとはいえ、患者本位のコミュニケーションを心がけると良いでしょう。作業療法を実践していくにあたって、コミュニケーションを取りながら進めた方が効果的だからです。信頼できる同僚や先輩、他の専門職を見習いながら、日々コミュニケーションスキルを磨いていくと良いでしょう。 特別養護老人ホームに勤務する作業療法士の年収は、300〜400万円前後です。常勤の場合、ボーナス込みで400万円前後であることが多いようです。知人の紹介やハローワーク等で探すより、なもナビメディカルケア等の転職エージェントを利用すると、高年収の職場を探すことができます。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング
〜リハビリ・福祉系専門職のスタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
なもナビメディカルケア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.