特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> リハ系専門職・福祉系専門職・その他の職種 >> 理学療法士(PT)

理学療法士(PT)

理学療法士は、患者さんからは「リハビリの先生」と認識されていることが多いようです。理学療法士の仕事内容は、医師の指示に従い、運動療法や物理療法を行います。事故や加齢によって、歩行困難になった人達の機能回復を担当することが多いので、「リハビリの先生」と呼ばれるのでしょう。

上記のように、理学療法士は、事故の回復のためのリハビリを担当することがあるせいか、「無理に歩かされるのではないか?」「歩けないと、叱咤されるのでは?」という先入観を持っている人も多いようです。おそらく、ドラマや小説等の影響でしょう。

特別養護老人ホームで働く理学療法士は、患者とその家族に「理学療法士の仕事内容」をきちんと説明する必要があります。理学療法士は、機能回復のためのトレーニングは行いますが、無理なリハビリテーションの計画を立てることはありません。理学療法は、医師の指示の元で行われるリハビリであり、本人の疾病や疾患に応じたリハビリの計画が立てられていることを、患者とそのご家族に理解して頂くことが必須でしょう。

「怖いことや痛いことをされるのでは?」という心理状態でリハビリを行うと、筋肉が過剰に緊張した状態になりがちです。脳卒中の後遺症等で、筋拘縮が見られることも多いでしょうから、出来る限り、リラックスした精神状態でリハビリを受けてもらいましょう。

また、特別養護老人ホームには、作業療法士による創作活動、レクを受けている患者もいます。遊びや手芸を利用したリハビリですので、「あちらの方が楽しそうなのに、なぜ自分だけ?」と思ってしまう人もいます。誤解を招かないように、身体の機能回復があってこその、遊びやレクリエーションなのだということも、きちんと説明しておくと良いでしょう。

理学療法士の平均年収は、300〜400万円前後であることが多いようです。常勤の理学療法士であれば、ボーナス込みで年収400万円以上、確保できるようです。しかし、経営の不安定な法人に勤めると、年収が下がってしまうことが多いので、優良な求人を意識的に探す必要があります。

優良な理学療法士求人を探すには、転職エージェントを利用するといいと思います。オススメはなもナビメディカルケアで、特別養護老人ホームをはじめとした経営の安定している法人の求人が厳選されています。「家族を養うために、安定した仕事に転職したい」「年収400万円を確保したい」と考えている人は、転職エージェントを活用するようにしましょう。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング
〜リハビリ・福祉系専門職のスタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
なもナビメディカルケア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.