特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> リハ系専門職・福祉系専門職・その他の職種 >> 機能訓練指導員

機能訓練指導員

機能訓練指導員とは、特別養護老人ホームに1人以上の配置が求められています。「機能訓練指導員」だけで採用されることは少なく、機能訓練指導員としての資格要件を満たした職員がWライセンス保持者として勤務していることが多いようです。

資格要件は「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」「看護師、准看護師」「柔道整復師」「あん摩マッサージ師」です。これらの国家資格保持者が、スキルアップや特別養護老人ホームでの勤務を見越して、機能訓練指導員の資格を取ることが多いようです。資格要件を満たしていない人が「機能訓練指導員」の資格だけ取ることはできません。

多くの場合、有資格者向けの講習で、機能訓練指導員の資格を取ることが出来ます。講習では、個別機能訓練計画の立て方、アセスメントのポイント等を学ぶことができるので、実務者講習として利用する人も多いようです。特別養護老人ホームに勤務しているコメディカルスタッフは、資格取得を推奨されるので、職場で機能訓練指導員の講習を薦められるケースも増えています。

看護師や言語聴覚士、作業療法士の場合、通常の業務とは離れてしまう可能性もありますが、特別養護老人ホームに勤務する以上、機能訓練指導員としての知識・技術は必要でしょう。実務に活かせるだけではなく、他職種との連携も取りやすくなるので、早めに資格を取得することをオススメします。

機能訓練指導員の資格を持っていると、転職に有利に働きます。応募要件に、機能訓練指導員の有資格者が望ましいと記載されていることも多いからです。特に身体機能が低下している患者が多い特別養護老人ホームなら、なおさらでしょう。また、応募要件に書いていなくても、実務に活かせるリハビリテーションの知識を有していることは人事に伝わります。

機能訓練指導員の求人を探すには、自身が有している資格中心に求人募集している転職エージェントを活用しましょう。看護師であれば、看護師専門の転職エージェント、理学療法士や作業療法士であれば、PTOT専用の転職エージェントをそれぞれ使うようにして下さい。

転職エージェントは優良な法人の求人が多いせいか、求められるスキルも高い傾向があります。機能訓練指導員の資格は、応募時に好印象を与えられますので、年収や条件面でより良い求人に出会えるきっかけになるでしょう。今よりもっと年収を上げたいコメディカルスタッフは、資格取得を検討してみて下さい。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング
〜リハビリ・福祉系専門職のスタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
なもナビメディカルケア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.