特別養護老人ホームの求人特集

TOP >> リハ系専門職・福祉系専門職・その他の職種 >> 薬剤師

薬剤師

薬剤師の仕事内容は、医師や看護師と連携を取りながら、患者の疾病や体調に合わせた薬を処方することです。また、薬の特性や効き目、副作用を、わかりやすい言葉で説明する役割も担っています。

特別養護老人ホームの患者は、加齢による様々な機能障害や慢性疾患に罹患しています。病気や怪我による苦しさを「年だからしょうがない」と諦めてしまっている人もたくさんおられます。また、がんによる疼痛の問題を抱えている患者も多いのです。

特別養護老人ホームに勤務する薬剤師は、カルテや記録から読み取れる患者の困り事、苦しみを少しでも軽減できるように、医療チームと連携を取るのが仕事です。患者と直接接する機会が多いとは限りませんので、医師や看護師が患者に「お薬」のことをわかりやすく説明できるようサポートすると良いでしょう。

例えば、医療用麻薬の例を挙げると、特別養護老人ホームの薬剤師の仕事がわかりやすいでしょう。患者や患者の家族は「がんの痛みで苦しむのは嫌だけど、医療用麻薬で寿命が縮まりませんか?」「モルヒネや医療用麻薬は怖い薬なのでは?」等、様々な不安を抱えています。

医師や看護師が、医療用麻薬についてわかりやすく説明できるよう、「製薬会社から出されているパンフレットがわかりやすいから、使って下さい」と伝えたり、「パッチタイプの医療用麻薬もあるので、一番少ない量から薦めてみては?」と医師や看護師に提案してみちたりするのも良いでしょう。必要であれば、薬剤師自ら、患者とその家族に説明する場合もあるでしょう。

特別養護老人ホームの薬剤師の平均年収は、400〜500万円が相場です。子育てや家事と両立するために、パート勤務をしている非常勤薬剤師も多いため、平均値としては下がる傾向にあるようです。しかし、常勤薬剤師の場合、経験や役職に応じて、500〜600万円程度の年収は確保されると言われています。特別養護老人ホームの母体は病院であることが多いため、ボーナスが一般企業や薬局に勤めているケースに比べて高額なのです。そのため、特別養護老人ホームの常勤薬剤師求人は、一家を支える男性薬剤師にも人気があります。

質の良い薬剤師求人を見つけるには、医療職専門の転職エージェントを使って探すようにして下さい。有名病院や医療法人等の人事部ほど、専門の転職エージェントを使って、薬剤師を探すことが多いからです。特別養護老人ホームの常勤薬剤師の求人も同様で、転職エージェントに良質な求人が集まっていることがほとんどです。有効に活用していきましょう。

特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキング
〜リハビリ・福祉系専門職のスタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>特別養護老人ホームの求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特別養護老人ホームの求人特集 All Rights Reserved.